コレステロールの値が高い人にとって、コレステロール対策は気になるものだと思います。
最も効果的な治療法はやはり食事療法に運動療法となっています。
薬物での療法もありますが、できれば食事療法と運動療法の二つで対策を立てていきたいところです。
コレステロールを下げるための薬というのは、長期的に服用しなくてはならないため、どうしても体にかかる負担を避けることが出来ません。
しかし、食事療法と運動療法に関してはリスクを負うことなくコレステロールを下げることができるので、まずは普段の食生活を見直すこと、そして普段の運動習慣を見直すことが大切です。

 

まだまだコレステロールの値は正常の域から外れていない人でも、これからコレステロール値が急上昇する可能性もあるので、普段の何気ない食生活を見直してみることをおすすめします。

 

コレステロールは低すぎるも体にとってよくありませんが、コレステロール対策の食事を心がけると正常な範囲に戻すことが出来ます。
そのため、コレステロールが高い人だけでなく、低い人もコレステロール対策として食事療法を行うようにしましょう。

 

●コレステロールを多く含んでいる食材
コレステロール対策として最も最初に考えなくてはならないのは、どの食材にコレステロールが多く含まれているのかということです。
まず動物性の食品、例えば肉類や卵、バターといったものには多くコレステロールが含まれています。
これらを極端に減らすのではなく、栄養バランスを考えたうえで量を調整するようにします。

 

●コレステロールの少ない食材
コレステロールの少ない食材は、食物繊維が豊富に含まれているものです。
野菜や果物、海草、キノコ類などを食事に多く取り入れるようにしましょう。

続きを読む≫ 2014/07/26 22:30:26