契約前に知りたいメリットとデメリット

ウォーターサーバーの契約を行う前に、メリットとデメリットについて知っておくべきでしょう。
それらを踏まえた上で、本当に必要か、どこのメーカーのウォーターサーバーが適しているかなどが、判断しやすくなるはずです。

 

ミネラルウォーターを飲みたいなら、ウォーターサーバーをわざわざ頼まなくても、近所のコンビニやスーパーでペットボトルが購入できると思われるかもしれません。
サーバーを維持するための電気代も気になるところですが、実際には電気代を入れてもウォーターサーバーの方が割安です。

 

ウォーターサーバーは、常に冷水と温水の両方が出ます。
温水だけ必要という方は、ポットを利用しているかもしれませんが、ポットよりサーバーの電気代の方がお得です。

 

どんなに清潔な水を配送してもらっても、設置するサーバーが衛生的でなくては意味がありませんが、メーカーによってはメンテナンスを定期的に無償で実施しているところもあります。
オシャレなデザインのウォーターサーバーが多いので、インテリアの側面も兼ね備えてくれるでしょう。

 

デメリットは、水の消費量によって無駄になってしまう人もいるということです。
家族が少なくても飲料だけでなく料理を行うなどすれば無駄になりにくいですが、家に日中にほとんど誰もいないなど、水をあまり消費しないご家庭もあります。

 

ペットボトルは重くても2リットルですが、ウォーターサーバーは12リットルなどもありますので、配達してもらってもセットが大変という意見もあります。
以前はサーバーの上にボトルを設置するタイプが一般的でしたが、近年は足元にセットできるタイプが増えていますので、そういった種類を選んではいかがでしょうか。
8リットルなどの比較的軽いボトルサイズも登場していますので、軽量タイプを選べば移動がラクです。